遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

家族が死亡した場合

男女

法定相続人と相続放棄順位

家族や親戚が死亡した場合、特別に遺言がない場合、遺産は法定相続人が相続します。しかし、遺産は必ずしもプラスの財産ばかりではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。万一、マイナスの財産が上回る場合は遺産を放棄できます。これが相続放棄です。相続放棄は、法定相続人ごとに家庭裁判所に相続放棄申述書を持って申請手続きを行なう必要がありますが、手続き期限は原則として3ヶ月です。但し、3ヶ月の期限の解釈は相続順位によって異なります。相続放棄は、法定相続人の第1順位者から第3順位者までが範囲ですが、まずは、誰が範囲内にいるかを明確にしなければなりません。例えば、私の父が死亡したと仮定します。父が被相続人となります。この場合、配偶者と子供(つまり、母と私と私の兄弟姉妹)が第1順位者です。次に、被相続人の父母(私の祖父母)が第2順位者です。万一、死亡していた場合でも手続きは必要です。そして、被相続人の兄弟姉妹(私の伯父・伯母)が第3順位者です。万一、第3順位者が死亡している場合は、その子供が代襲相続人となります。

相続順位者ごとの手続き期限

相続放棄の申請手続きは、相続放棄申述書に記入して、戸籍謄本や住民票などの必要な添付資料とともに家庭裁判所に提出します。この申請手続きの期限は3ヶ月ですが、相続順位者によって解釈が異なります。相続放棄申述書の「申述の理由」欄に、「相続の開始を知った日」と日付の事由として次の4種類の選択肢があります。1.被相続人の死亡の当日、2.死亡の通知をうけた日、3.先順位者の相続放棄を知った日、4.その他法定相続人の全員が同時に申請する可能性はありますが、遠距離や海外に居住していて連絡が取れない場合などもあります。そして、第1順位者が先に手続きを行ない、第2および第3順位者は、その知らせを聞くのが後になるケースもあります。その場合の期限は、その知らせを聞いてから3ヶ月以内となります。つまり、順位者ごとに別々に手続きすることも可能です。